住宅ローンの途中で売却するために高額査定を引き出すテクニック

住宅ローンの途中で売却をするには、
いろんな理由があることでしょう。

そのいろんな理由の中でも、
皆さんの共通認識は

【どうすれば高額に売却することができるのか】

ということですよね?

これから失敗例と成功例の2つをもとに、
どうやって高額売却に導くかを紐解いていきたいとおもいます。

家を売却するときに後悔する人は〇〇をしていないから

同じ家でも600万円で売却してしまう人と、

1000万円で売却デキる人がいます。

600万円で売却した人は、
住宅ローンをすべて完済できず、自己資金で補てんすることになりました。

1000万円で売却できた人は、
住宅ローンをすべて完済し、200万円の貯金まで作ることができました。

この差は一体なんなのでしょうか?
答えは実に簡単に出てくるのですが、
意外と思いつかない場合が多いです。

他のことではできているのに、
不動産の売却となると抜けてしまう。。。。。

なにせ初めてのことですものね。
でも、だからこそ慎重になる必要があります。

○○に入る言葉というのは、
【比較】

です。

家を初めて買うとき、
食材をスーパーに買いに行くとき、
フライパンを買うとき、

何かにつけて人は比較をするはずです。
値段の比較、品質の比較、、、、、

そう、不動産を売却する時にも、比較をしなければなりません。
その比較対象とは、

【不動産会社の比較】
です。

どの会社が一番高く買い取ってくれるのか。
これを比較する必要があります。

不動産会社によって全然変わってくる売却価格の差とは?

なぜ不動産会社によって売却価格の差がでるのでしょうか??
同じ物件を600万円で売却価格を提示してくる会社と

1000万円で売却してくる会社
同じ物件なのに一体何が違うのでしょうか??

これは、販売力の差と選択肢の差です。

全国に販売網を持っていたり、高く見せる技術を持っている会社は、
あなたの家を高く買取したとしても、売る技術があります。

一方、売る技術を持っていない会社は少ない価格でしか売却価格を提示することができません。

また、選択肢の差というのは、
どのように今後あなたの家を使うことができるか
ということです。

少し考えてみてください。
「あなたならこの家をどのように販売しますか??」

・家をそのまま中古住宅として売る
・リノベーションをして売る
・建て替えをする
・更地にする
・ビルを建て直す
・道路にしてしまう
etc….

到底思いつかないことが、不動産会社の数だけ選択肢があります。
家としてそのまま売ると600万円でしか売却できなかったものを、

リノベーションをすることで1000万円で売却価格を出せるようになります。

これが
不動産会社1社だけに相談してはいけない理由です。

もしあとから後悔をせずに売却したい

住宅ローンの途中ですべて完済したいという思いがあるのであれば、

複数の不動産会社査定を依頼すべきです。

不動産の一括査定サイトというのは、中でもオススメで

・一度に査定を申し込める
・大手も地元密着も両方に査定を依頼できる
・買取り価格が高くなる可能性が高い

ということです。
空き家の買取をしたいと思っているなら